Start of content

マイヘルスレコードはあなた、あなたのヘルスケア提供者、メディケアからの健康情報をひとつに集約するものです。

これには、あなたの疾患、治療、処方薬の詳細、アレルギー、検査やスキャンの結果が含まれ、これらすべてがひとつの場所に保管されることになります。

医師、専門医、病院スタッフ等のヘルスケア提供者も、事故や緊急時を含め、必要なときにあなたのマイヘルスレコードを閲覧することができることができる場合があります。

ヘルスケア・プロフェッショナルからの情報 

一般医(GP)、専門医、薬剤師などのヘルスケア提供者もあなたの健康に関する臨床的文書を追加することができます。これらには以下が含まれます:

  • あなたの担当医がアップロードするあなたの健康の概要、「シェアド・ヘルス・サマリー(共有健康概要)」。これは、新たな医師や他のヘルスケア提供者にかかるときに参考になり、便利です。
  • 病院退院情報の概要
  • 血液検査等の検査やスキャンの報告書
  • 担当医が処方した医薬品
  • 担当医からの紹介状

メディケアからの情報

マイヘルスレコードが初めて作成されたときには、最長過去2年間のメディケア・データが入力されている場合があります。例えば:

  • 福祉省(Department of Human Services)が管理するメディケア(Medicare)及び医薬品給付制度(Pharmaceutical Benefits Scheme - PBS)の情報
  • 退役軍人省( Department of Veterans’ Affairs - DVA)が管理するメディケア及び医薬品給付ㇾパトリエーション一覧表(Repatriation Schedule of Pharmaceutical Benefits - RPBS)の情報
  • 臓器提供の意思の有無
  • 小児期の予防接種及びその他に受けたことがある予防接種を含めたオーストラリア予防接種記録簿(Australian Immunisation Register)に記載されている予防接種

あなたのマイヘルスレコードに追加できる情報

あなた、またはあなたの許可を受けた代理人は、ヘルスケア提供者があなたついて知るべきと思われる重要な追加情報を共有することもできます。これには以下が含まれます: 

  • 連絡先及び緊急連絡先
  • 現在服用中の医薬品
  • アレルギー情報、過去のアレルギー反応
  • 先住民ステータスの有無
  • 退役軍人またはオーストラリア国防軍( Australian Defence Force)ステータスの有無
  • あなたのアドバンス・ケア・プランまたは保護者の連絡先

マイヘルスレコードに初めてログインするときに予期すべきこと

マイヘルスレコードに初めてログインしたとき、記録されている情報はわずか、またはまったくない場合もあります。メディケア給付一覧表(Medicare Benefits Schedule - MBS)に基づく受診歴、医薬品給付制度(Pharmaceutical Benefits Scheme - PBS)の請求歴等、最長で過去2年間のメディケア情報が記録されている場合もあります。あなたはログイン後にこの情報を削除することを選択することも可能です。

一般医(GP)、看護師、薬剤師を受診した後にも情報が追加されます。また直ちに個人健康情報とメモを追加することもできます。

過去の検査結果やスキャンをアップロード

過去の検査結果、スキャン報告書等のあなたの医療履歴は自動的にマイヘルスレコードにアップロードされません。アップロードできるのは、マイヘルスレコードに参加している病理ラボや診断画像提供者による新たな報告書だけです。

担当医に「シェアド・ヘル ス・サマリー(共有健康概要)」のアップロードについてご相談ください。このサマリーは過去の検査結果やスキャンなどの過去の重要な健康情報を伝えるもので、あなたを担当する他のヘルスケア提供者との間で共有できるものです。